1. 北村ゆきひろ ★ 2014/06/03(火) 15:29:32
米アップルの「世界開発者会議」(WWDC)が2日午前10時(日本時間3日午前2時)、サンフランシスコ市内で始まり
世界各国から約6千人のソフトウエア開発者が集まった。
新製品の発表があるとの観測もあったが、最新の基本ソフト(OS)「iOS8」や新しいプログラム言語の発表にとどまり、
開発者向けの色濃いイベントになった。

 WWDCはもともと開発者向けのイベントだが、過去2年はここでパソコンの新製品が発表されていた。

 今回発表された「iPhone(アイフォーン)」や、タブレット端末「iPad(アイパッド)」向けの「iOS8」は
アップル製品同士の連携を強化した。たとえば、iPhoneで書きかけたメールをパソコン「Mac」やiPadでもすぐ開ける。


http://www.asahi.com/articles/ASG632FL1G63UHBI008.html

【【IT】アップルがiOS8発表 健康管理用アプリも 2014/06/03】の続きを読む