ミルミルニュース

様々なジャンルのニュースをお届けします。

    ダイエット

    1. 北村ゆきひろ ★ 2014/05/25(日) 20:21:53
    no title


    昨年来、女性の「ぽっちゃりおしゃれ市場」が活況を呈している。
    実際は数年前から、通販大手「ニッセン」の大きなサイズを扱うブランド「スマイルランド」が静かな注目を集めていた。
    なぜなら、ニッセン女性衣料の売り上げ全体の2割を占めるまでになっていたからだ。

     現状、“ぽっちゃり”の範囲に確たる定義はないが、大まかにXLサイズ以上とすれば、日本の場合、女性全体の2割が
    XLサイズ以上のはずはない。それでも日本人にはほとんどいないといわれる10Lサイズまで揃えているスマイルランド。
    どんな体形でも必ず服が見つかるという信頼を得て、全国に存在するニッチのニーズをがっちりつかんだのだ。

     また、2013年3月に全館を大胆にリモデルした伊勢丹新宿本店のクローバーサイズ(大きいサイズの伊勢丹の呼称)も
    リモデル後、前年比175%の売り上げを記録。

     以前から、伊勢丹本店はリアル店舗において、おそらく日本一、大きなサイズの服が種類豊富に揃う売り場で
    ヘルムート・ラングやマルタン・マルジェラなどモード派が好む辛口ブランドも取り扱っている。現在も売り上げは順調の様子だ。

    12年秋冬から徐々にこの市場に参入していたユニクロも、昨年から取り扱いアイテム数を一気に増やした。
    さらにワコールも13年、大きなサイズ専門ブランド「ぽちゃカワブラ」をスタート。アパレルとアンダーウエアのリーディングカンパニーで
    ある両社がこの市場に本格参戦したインパクトは大きい。つまり今、ぽっちゃりおしゃれ市場は、品数豊富に揃えれば揃えるほど
    リターンが見込めるのだ。逆に言えば、これまで「儲かる市場」と目されていなかったが、実はブルーオーシャンであると顕在化したともいえる。

     それにしても、なぜ昨年から急にこの市場が注目されるようになったのか。

     広く世間に「可視化」されたきっかけは、なんといっても、XLサイズ以上のぽっちゃりさん専用ファッション雑誌「ラ・ファーファ」(ぶんか社)
    の創刊だろう。「ぽっちゃり」と「カワイイ」を足して「ぽちゃカワ」とポジティブに表現し、大きな体でもファッションを楽しもう、と提案する。

     13年3月に芸人の渡辺直美さんを表紙モデルに抜擢し、発売日に即日重版、最終的に10万部を売った。
    ふくよかな女性のためのファッション雑誌という前代未聞の雑誌の登場は、さまざまな媒体でニュースになったので
    ご存じの方も多いはず。ちなみに、あの「アンアン」(マガジンハウス)の平均部数が20万部程度。
    その半数を売ったのだから、大健闘と言っていい。

    13年は派手に創刊した女性誌がいくつかあるが、どれも成績は芳しくない。
    その中で8万〜10万部をキープし、昨年11月にめでたく季刊から隔月刊になったラ・ファーファは、地道に成功している「勝ち組」だ。

    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n2.htm
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n3.htm

    【【裏話】実は儲かる「ぽっちゃり女性」市場 なぜ急に注目されるようになったのか 2014/05/25】の続きを読む

    1. ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/12(月) 11:30:02
    ■食事は「ゆっくりよくかんで食べよ」の根拠を実証 

    no title


     食事は「ゆっくりよくかんで」と教えられる。その根拠が実証された。急いで食べる時に比べ、ゆっくり
    食べる方が食後のエネルギー消費量が大幅に増加することを、東京工業大学大学院社会理工学研究科の
    林直亨(はやし なおゆき)教授と大学院生の濱田有香(はまだ ゆか)さんらが明らかにした。消化管の血流も
    ゆっくり食べた時の方が増えていた。ゆっくりよくかむのは良い食習慣であることを裏付ける成果で、そしゃくを
    基本にした減量法の可能性も示した。欧州の肥満学会誌オベシティ5月号に発表した。

     早食いの人は太り気味になる傾向はこれまで、多くの研究で報告されている。しかし、早食いは食べ過ぎに
    つながる可能性もあり、同じ量の食事で食べる速さが体形にどう影響する、はっきりしていなかった。研究
    グループは、食事でかむ速度と食後のエネルギー消費量(食事誘発性体熱産生)の関連を調べた。

     男性10人(平均25歳)に20分間の安静後、ブロック状の食品(カロリーメイト3本、300キロカロリー)を食べ
    させた。それぞれ、できるだけの早食いと遅食いを試行した。平均して、早食いは103秒で137回かみ、
    遅食いは497秒かかり、702回かんだ。食後90分間の酸素摂取量を計算し、体重当たりのエネルギー消費量を
    算出した。全身に血液を送り出す動脈の血流量も測った。

     食後90分間の体重1キロ当たりの平均エネルギー消費量(安静時の値との差)は、早食いの時が7カロリー
    だったのに対して、食品がなくなるまでよくかんで食べた時には180カロリーだった。この違いは食後5分ですぐ
    現れ、食後90分まで続いた。ゆっくり食べる方が体のエネルギー消費は驚くほど増えていた。研究グループは、
    体重60キロの人が1日3回の食事をゆっくりよくかんで食べると仮定して試算し、「1年間のエネルギー消費量は
    早食いの時より約11,000キロカロリー増える。これは、体の脂肪に換算すると1.5キロの減量に相当する」と
    指摘した。

     また、消化管への血流も、ゆっくり食べた時に増えていた。これらのデータを総合して「ゆっくり食べると、
    消化管の消化・吸収活動が増え、エネルギー消費量も高くなる」と結論づけた。食べる量を100キロカロリーに
    減らして比べても、同様の結果が得られた。小食の場合でも、早食いは避けた方がよいといえる。(後略)

    http://scienceportal.jp/news/daily/58434/20140512.html
    http://scienceportal.jp/ SciencePortal 2014年05月12日 配信

    Abstract
    The Number of Chews and Meal Duration Affect Diet-Induced Thermogenesis and Splanchnic Circulation
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/oby.20715/abstract
    Article first published online: 1 MAY 2014 DOI: 10.1002/oby.20715
    Web site 接続日 [14/05/12]

    【【これって本当?】肥満:食事は「ゆっくりよくかんで食べよ」の根拠を実証】の続きを読む

    このページのトップヘ